緊張だ!手も振る振る震える指輪交換!

その瞬間ゆったり、落ち着いて

結婚式でのハイライト、指輪交換の瞬間は、大勢の人の前で一身に注目を浴び、緊張も高まりますよね。
手がブルブル震えて、うまくできなかった、なんて話も耳にします。
指輪を最初に手にとってはめるのは男性の役目なので、男性がリラックスできるよう、女性側が落ち着いたムードでリラックスさせてあげるといいですね。
とはいえ、みんなが見ている前なので、二人でベタベタするのは禁物。女性はゆったり、穏やかな身のこなしで笑顔を作りましょう。
ブーケなど、手に持っているものは介添人や母親に渡します。手袋をはめている時は、ゆっくりと外します。最初に手袋の先を持って軽く引っ張り、持つところを変えて、外します。男性から見えやすい、胸くらいの高さに左手を上げ、右手は体に軽く添えます。
男性が緊張しているようなら、みんなには聞こえないくらいの声で「落ち着いて」などと声をかけてあげてもいいですね。

どの指にはめるんだっけ?

指輪をはめるのはもちろん、左手の薬指ですが、いざとなると、頭が真っ白、どの指に指輪をはめるのかわからなくなることもあります。
前もって、練習しておくのも一つの手ですが、当日、その場になってみると、それもわからなくなることもあります。
こんな時のために、ネイルなどで目印を作っておくといいですよ。指輪をはめる指だけ、ネイルの色を変えるとか、ちょっとした模様を入れるとか、分かりやすい目印を作っておくと当日になって迷わなくてすみます。
また、当日になって、指がむくんでいたり、うまく奥まではめられないこともあります。こんな時は奥まできちんとはまらなくてもOK。
その場では無理に押し込まないで、後で目立たないように、花嫁が自分で位置を修正するといいでしょう。